English Version

知らなかった!?SACD(Super Audio CD)とDVD-Audio??2012年10月13日 06時06分50秒

Webの広告を何気なく見ていたら、SACDプレーヤーなるものを見つけました。 一体何のプレーヤーだろう!?と思い、SACDについて調べてみると、 Super Audio CDの略で、こう言う規格の音楽CDであることが解りました。 それと、SACDと競合する規格で、DVD-Audioがあることも・・・


SACD

SACDとは、オーディオ用の光ディスク規格のひとつで、ソニーとPhilips
によって共同開発された、高音質を特徴とする記録メディアのことであ
る。

録音・再生方式には、DSD(Direct Stream Digital)と呼ばれる、音声信
号を密度差によって記録するエンコーディング技術が採用されており、
従来の音楽CD(CD-DA)などで採用されているPCM(Pulse Code Modul
ation)に比べても、きめの細かい音が再現できるとされる。DSDで記録
されたデータは、通常のCDプレーヤーでは再生できず、専用の対応プ
レーヤーを必要とする。

SACDでは、記録層を複層構造とすることで大容量化が可能となってお
り、マルチチャンネルや、グラフィックスなどの追加データを収めること
ができる。単層構造であるシングルレイヤーディスクとニ層構造をなす
デュアルレイヤーディスク、または、SACD規格の層と従来のCD-DA規
格の層とでニ層構造となるハイブリッドディスクの3種類の規格が存在
する。とりわけ、中でもハイブリッドディスクにおいては、半透過層と完全
反射層のうち完全反射層において音楽CD(CD-DA)との互換性を持っ
たデータが記録されることになるが、SACDに対応していない再生機器
では(半透過層を無視して)完全反射層のデータのみが読み取られる
ことになるので、CD-DAとの上位互換性が保たれる(広く普及した既存
の再生機器で再生可能である)。ただしその際、再生される音質は特
にCD-DAと変わらない。シングルレイヤーディスクとデュアルレイヤー
ディスクについては、CD-DAとの互換性はない。

DVD-Audio

DVD-Audioとは、DVDに、音楽用CDのように音声データを記録するた
めのデータフォーマットである。DVDフォーラムが規格を策定した。

DVD-Audioでは、記録方式として従来の音楽用CDと同じリニアPCMを
採用しているが、CDの7倍程度の容量を持つというDVDの特徴を活か
して、再現可能な最高音質での記録、5.1チャンネルなどの多チャンネ
ル、超長時間記録、といった利用方法が実現できる。

SACDとの互換性はない
(「IT用語辞典バイナリ」より抜粋)

私が知らなかっただけで、以前からある規格のようです。 SACDが大容量のため、クラシック音楽関係のものが、 結構出廻っているらしい?? それと、マルチチャンネル対応のものもあるようです。

クラシック関係の音楽CDは、昔購入して、一通り持っているし、 最近はネット音楽ばかり聴いていて、音楽CDショップへ 殆ど行かなくなったからなぁ~!? SACDもDVD-Audioも、かなり繊細な音で、高音質らしい!! オーディオマニア向けなのかな??と思ったりもしますが、 今度、音楽CDショップへ行って、見てみるこに・・・


SACDラボ


関連した過去のブログ


やっぱり音楽CDプレーヤー!? ― 2012年08月21日

コメント

_ mini ― 2012年10月13日 07時14分20秒

セレブなおっちゃんが昔のクラシックのレコードをCDに焼くオーディオ持ってるらしく
皆に「聞いてみない」ってばら撒いてたけど・・

オーディオはかなり進化してるってことかな?!

_ miniさん ← ひろみ君 ― 2012年10月13日 13時47分33秒

それは何だろう??
アナログデジタル変換してるんでしょうけど、
SACDには、書き込みメディアがないようです。

普通のCD-Rに焼いているか!?
DVD-Audioとして、DVD-Rに焼いているのかな??

うん、音楽関係だけではなく、映画でBD(ブルーレイ・ディスク)も
あるかな・・・??

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
私は誰でしょう??

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://hirominet.asablo.jp/blog/2012/10/13/6601070/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。