English Version

「伝える力」って!?2012年04月16日 06時29分04秒

昨晩、「そうだったのか!池上彰の学べるニュース 2時間SP」が放送されていました。 池上彰さんの番組は、時々、特別番組でやっているようです。 この番組を見たことがある方は解ると思いますが、ニュースを とても解り易く解説している番組です。

池上彰さんと言えば、「NHK週刊こどもニュース」 のお父さんだったことで有名です。 現在、池上彰さんの著書で、「伝える力」「伝える力2」が出版されてい ます。この著書の中で、「NHK週刊こどもニュース」の経験から、 子供にニュースを説明する難しさを感じ、現在の力が培われた ことが書かれています。


「伝える力」

出版社/著者からの内容紹介

商談や会議、プレゼンテーションや企画書・報告書の作成、電話での交
渉、メールでの連絡----ビジネスの現場で行なわれている日常業務。
仕事の「できる」「できない」を左右するのは、意外とこうした基礎をしっ
かりやるかどうか。それには上司や部下、顧客とのコミュニケーションを
いかに円滑にするかが鍵を握る。
本書は「話す」「書く」「聞く」の3つの能力の磨き方を紹介。これができる
と自ずと成績・業績に結びつくもの。長年NHKの『週刊こどもニュース』
のお父さん役を務めてきた著者(現在はフリージャーナリストとして独立
)ならではの極意を伝授する。伝えることの難しさを身をもって経験して
いるだけに、ビジネスの現場でも十分応用が効く智恵が盛りだくさんで
ある。相手を惹きつける、ビジネス文書を書く、文章力をアップさせるな
ど、本書の秘訣を習得すれば、仕事が楽しく、やりやすくなること間違い
なしだ。

内容(「BOOK」データベースより)

仕事のさまざまな場面でコミュニケーション能力は求められる。基本で
あるにもかかわらず、意外と難しい。相づちを打ったり、返事をしたり、
目をジッと見たり、あるいは反対に目をそらしたり…。「伝える」には、「
話す」「書く」そして「聞く」能力が必須。それらによって、業績が左右され
ることも往々にしてある。現代のビジネスパーソンに不可欠な能力とい
える「伝える力」をどうやって磨き、高めていったらよいのか。その極意
を紹介する。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

池上 彰
1950年、長野県生まれ。慶應義塾大学卒業後、73年NHK入局。報道記
者として、松江放送局、呉通信部を経て東京の報道局社会部へ。警視
庁、気象庁、文部省、宮内庁などを担当。94年より11年間NHK『週刊こ
どもニュース』でお父さん役を務める。05年3月にNHKを退社し、現在は
フリージャーナリストとして多方面で活躍(本データはこの書籍が刊行さ
れた当時に掲載されていたものです)
(アマゾンドットコムより抜粋)


”深く理解していないと、わかりやすく説明できない。
「簡単なことは簡単に」「難しいことも簡単に」”

池上彰さんの言っている通りだと思います。 本当に自分で理解していなければ、相手に伝えることができないと思います。 そして、相手の立場に立って、目線を合わせなければいけない。 最近「上から目線」や「横から目線」なんて言葉を よく聞きますが、コミュニケーションを取るのに、目線を合わせる 大切さを感じています。


この本を読んで、池上彰さんが長年培って来た「伝える力」 がよく解る、本当に良い本だと思いました。 まだ、読んでない方には、是非お薦めです!!





関連した過去のブログ


とても良い番組「NHK週刊こどもニュース」!? ― 2008年05月04日

ブログで日記で、楽しく外国語学習かぁ~!2008年07月12日 17時59分02秒

最近は、ブログを書いている人が本当に多いですよねぇ~!?
やっぱり、通常のWebサイトより、簡単な操作でブログ公開ができるからでしょうか??

私もこのブログを書き始めてから、もう1年経過しました。
ブログ公開当初から現在まで、あまり頻繁な頻度での記事更新はしてきていませんが・・・・!!今でも自分のペースでよいと思っています。

中国・韓国・米国等の海外からのアクセスもあるようですが、通常の日本語で書いているこのブログを読んでくれているのかなぁ~!?と思います。
やっぱりWebサイトやブログは、日本語とは別に、英語の記述内容を掲載すべきでしょうか??

現在私のようにブログを書きながら、中学英語の語学知識で、英語ブログを書いてみよう!!という「はじめての英語ブログ」の書籍や 、「いっしょにやろう!英語ブログ」 と言うブログサイトがあるようです。

以前から英語学習で有名なアスクによる提供の書籍やブログサイトです。

私のこのブログは、日常私が感じたことを記載していますが、このような自由な表現を、英語で表現できたらいいなぁ~!?と思います。

ブログを書きながら、英語表現の学習もいいかも知れません。

「はじめての英語ブログ」というこの書籍は、 ブログの説明から、中学英語の語学知識での日常 英語表現や、ブログ投稿用の英語表現が紹介されています!!

又、アスクによる共同編集ブログ、「いっしょにやろう!英語ブログ」 は、 無料IDとパスワードをもらい、好きな時に英文記事を投稿することができます。
共同編集のブログですので、他の方々と英語でコメントし合うこともできます。
まだブログを開設していない方でも、英語ブログ開設前のテストケースとして、英語練習できるものです。

ご興味のある方はWebサイトを閲覧してみて下さい。

はじめての英語ブログ

私のこのブログでも英文表現が出てくるようになったら、少しは勉強したのかなぁ~??と思って下さい・・・・・・・・



ネットビジネスって??2007年07月03日 04時07分38秒

働かないで年収○○○○万円稼ぐ方法という本を読みました。この本もネットでたまたま見つけ、題名に釣られ購入してしまいました。まだ20代の青年が書いた本です。この本を読んで解ったことですが、本を購入させるために、このような題名を誇張して付けてあることが解りました。テ○ー伊○氏があ然!などと芸能人を使用して広告していることも・・・

大人ならチョト考えれば、この手の広告文言には気づくことです。しかし、やはりどんな事が書いてあるのだろうと興味がそそられ、一晩で読み切ってしまいました!?   

感想として呆れました!現在の20代はこんな事しか考えていないのだろうか?とも思いました。オークション・メールアフィリエイト・ブログ(又はWEB)アフィリエイト・デジタルコンテンツの販売、そしてネット企業の設立。あまり内容を詳しく紹介したいとは思いません。2~3年前、世間を騒がせたライブドアのホリえもんという青年もいました。彼を批判する訳ではありませんが、現代の若者、ベンチャービジネス・ネットビジネスってこんなものだろうかとも思えます。

私は自分のHPでお気に入り書籍やDVDを紹介しています。現在流行のアフィリエイトも行っています。しかし、これで生計をたてようと思って始めたのではありません。個人HPで情報公開している人には解ると思いますが、好意から始めた事です。

ここ数年ネットでは、フリーウエア・シェアウエア、Linuxのようにソースプログラムの公開、またDOS/V機(もうDOS/V機なんて言わないか?)のIBMによる技術公開と時代は進んできました。その反面コンピュータウィルス・スパイウエア・ポップアップして閉まらなくなってしまうWEBサイト・フィッシング・ワンクリック詐欺なども出てきました。

  ネットビジネス(ネットとは限らずビジネス全般かな?)では、様々な思い・欲望が渦巻いているのでしょうが、昔から言われている悪徳商法の部類(商法などの法律だけのことではなく)は、駆逐淘汰されなければならないと思います。

現代の便利なネット社会を愛するひとりとして願う事です。